占い師の耐久年数(追記)

Hardy3.jpg
占い師の耐久年数(追記)

昨年後半から、かつて一緒に活動していた占い師さんや、ご同業の知人が何人も立て続けに健康を害して廃業されました。

決して折れることのない、強かった先生も含まれていたことが私にはことさらショックでした。

私たちの仕事は精神がすり切れていく過酷なものですが、皆そこをコントロールしながら続けていました。それでもどこかを壊して皆さん辞めていきました。

このお店を持つ以前から、視えない仕事を始めるとあまり幸せな人生を歩めないことが多いと知っていました。
占い師やヒーラー、癒しの仕事をされている人に、あまり幸せな人がいない現実も。

何が幸せか?と問われれば、それはひとりひとりが違うことでしょう。それでも私たちの仕事は、世間一般の平均的な幸せからはほど遠いのです。そういった人が本当に多い。

人を助けるということは、人から恨みも買いますし業も背負うことです。商売と割り切ってやられている人も、やはりどこかで帳尻を合わされています。そして真面目に取り組んでいる良く当たる先生ほど早くすり切れていきます。不条理ですがそういった仕事なのです。

3年以上前の記事となりますが、以下再録させて頂きます。


このブログでも何度か記事にさせていただきましたが、我々占い師の実占での活動期間は非常に短いものです。 占い師としての寿命は2~3年の方が多いのではないでしょうか?

占い業界の厳しい業態に絶望して辞めていく若い方もおりますが、多くは精神をすり減らして、中には精神を完全に壊して辞めていかれる方もいます。

卜術(タロット、ルーン)でも命術(占星術、四柱推命)でも結局は自身の霊感を使って占っているものです。命術は統計学でもあり学問でもあり、違うのでは?という方もおりますが、同じ命盤を読んでも同じホロスコープを読んでも、占い師によって違う解釈や結論が導かれていることからも分かる通り、占い師に統一見解はありません。

そうです、結局は それぞれの霊感と第六感で視ているのです。

対面鑑定をする占い師は、仕事とはいえ本来は「自分と関係の無い人生」に関わるわけですから、その消耗度は計り知れないはずです。

私の知っているだけでも、廻りの人のことが分かりすぎて壊れていった方や、突然内臓の病気で倒れた方、身体の痛みで辞められた方、完全に心をやられて辞められた方、たくさんおります。ほんの20分間対面で霊的問題のあるお客様を視ただけで、数日憑依現象に近くなってしまった占い師もおります。

「占い業」はそれだけ険路であるということです。

これを避ける方法としては、やはり本業を持ち、あくまで占いは副業として週に1~2回の鑑定に抑えるか、専業の占い師としていくのなら1日1名とか週に3日以上休むなどの対策をすべきでしょう。因みに私は夕方から3時間の鑑定士か致しません。基本チャクラを開くのは1日3時間、夕方からだけです。

占い師、霊能者、ヒーラーは難しい職業です。本当に難しい。

私は占い師、セラピストとして細く長く活躍したいと思っています。出演時間は短いのですが基本夕方6時からは中野ブロードウェイ4F「ばるばら」におります。人生の選択に困った時、心が苦しんでいるときは是非お立ち寄り下さい。
(詳しくは「スケジュール」欄をご確認下さい。)

●占いばるばら@中野ブロードウェイ4F 17:00~21:30 (日曜・月曜休み) 
ご予約なしでも鑑定致します。ご予約の場合はお電話又はショートメールでお願いいたします。
090-3598-6962(au)
080-3584-8009(SoftBank)

詳しいスケジュールはこちらをクリック

・鑑定料:20分/¥3,000  以降10分/¥2,000となります。
・セラピー、ヒーリングは60分/¥8,000となります。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

関連記事
テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

Tag:占い業界の話  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

バルバラ・レピスト

Author:バルバラ・レピスト
占い師。中野ブロードウェイ4F「占い・ばるばら」で鑑定中。
タロット、ルーン、ダウジング等による占い+セラピーで総合的に問題を解決いたします。霊的な問題もご相談下さい。TwitterID:UranaiBarbara

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: