それぞれの「メメントモリ」

barbaraphoto1.jpg
・それぞれの「メメントモリ」

メメントモリ…
「死を思え、いつか必ず死が訪れることを忘れるな」
という意味のラテン語です。

ここ数年で数多くのマンガ家や作家、写真家などの芸術家たちが、この「メメントモリ」を題した書籍を出版しました。その為かだいぶポピュラーになった言葉です。

私は大学時代にかじっていたスペイン語のクセの為か、「メメント・モリール」という間違えた呼び方で、心が弱った時などに自身の哲学のひとつとして唱えていた言葉です。

人は必ずいつか死を迎えます。その最後のときに向かって日々過ごしてゆく、生きるとはただそれだけのことなのかも知れません。

普段私たちはこの「死」というものを意識しないで生きています。本当は無意識にそれを感じながら、それを避け、忘れたふりをして、自分だけは死なないと思って生きています。若いころの私だってそうでした。

友人知人の死、親族の死に対峙したときにふと”死”について考える。やがて日々の忙しさの中でそれを忘れてゆく。その繰り返しでした。

でも、誰にでも最後のときは訪れます。それは人によって、それぞれ違ったものとなるのでしょう。

自分の廻りを見渡してみれば、何も変わらない世界が広がっています。エゴ丸出しの人々、必ず世界のどこかで起きている戦争、犯罪、飢餓、貧困、差別、幼児虐待、兵器製造、環境破壊…何一つわれわれ人間は克服していません。

この世のエッセンスは辛いものばかりです。
私は人というものに絶望したこともありますし、心を覗く「占い」というものを趣味で始めてから、更に無常感に襲われたこともありました。本来自分と関係のない人の運命を視ることはそれほど消耗することなのです。

消耗するたびに私はこの「メメントモリ」を唱えました。
そう、いつか必ず死を迎える。今日は嫌なことも辛いこともサラリと流して笑顔で過ごそう、あと数十年しか生きられない人生、覚悟をして乗りきっていこう。毎回そう唱えてやり過ごしました。

その覚悟とは「人間の要素は妬みやっかみ、エゴ、悪意、足の引っ張り合いが必ず根底にあり、人と人とが分かりあえるということは願望でしかない、人は人自分は自分、愛とお金に振り回されずに生きよう」ということです。
これが私の哲学であり、現在到達した覚悟なのです。

拙ブログで何度か書いた「許し、流す」ということにも繋がっています。
特に愛とお金に対して必要以上の執着を捨てると、とたんに楽に生きられるようになります。
ご相談内容の根底は、愛とお金と名誉欲が絡むことがほとんどなのです。

一見ネガティブな、人間全否定のように思われても仕方ないことを書いていますが、こうしてご自身なりの哲学を持ち、日々「メメントモリ」を根底に持てば、困った人と対峙したときや、理不尽なことに対峙したときに最強の力となり得ます。

一瞬を大切に、日々「メメントモリ」を想い出し生きること。これがこの不確実で恐ろしい世界を生きる術になるはずです。

●よろしければ、下側の「ブログランキング」をワンクリック(ポチ!っと)ご協力下さい。
人気ブログランキングへ

関連記事

Tag:生と死の話  Trackback:0 comment:1 

Comment

もっけ URL|
#- 2016.04.02 Sat20:55
はじめまして!
本日ブロードウェイでお店の前を通り
占い・ばるはらさんを知りました♪
なんとなくブログ拝読していただけなのですが
こちらの記事にとても感銘を受けたので
コメントさせていただきます(^o^ゞ
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

バルバラ・レピスト

Author:バルバラ・レピスト
占い師。中野ブロードウェイ4F「占い・ばるばら」で鑑定中。
タロット、ルーン、ダウジング等による占い+セラピーで総合的に問題を解決いたします。霊的な問題もご相談下さい。TwitterID:UranaiBarbara

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: